メガネLife・・・。

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ヒント

楽器をやっていて、他のことでもそうだと思いますが、何か重大な
ヒントを得ると大きな前進のキッカケになりますが、そのヒントを
与えてくれるのは、必ずしも自分が想定しているような人や物では
なかったりするように思います。

意外なところからのヒント。

最近その存在を実感することが多くて。いつどこにヒントが潜んで
いるか分からないので、それを逃さないようにする為の、自分の
「状態作り」というのがとても大切なんじゃないか思うようになって
きました。

そして与えられたヒントってのはその時タイムリーに活かせるとは
限らなくて、「ああ、あの時のネタにようやく合点がいった」
みたいな事も結構ありますよね。

下手すると、その時は「ガセじゃねーの?」とか思っていたのに、
いつの間にか自分の変化と共に位置づけが変わって重要なヒント
になっていたり。

受け手にも準備が必要なんでしょうね。

しかし、かなり前に聞いたようなことでも不思議と憶えているんですよね。
脳が自分に都合が良い情報を総動員しているんでしょうかね(笑)。
引き出し開けまくりで(笑)。


そんなこんなで、ヒントを得たと思うと、色々なネタを試します。
なので、この前と今ではやり方が違う、なんてのはザラで。

新しいことを試みる時、単純に言えば少し(大分!?)下手になるし、
試してばっかで自分のスタイルはなかなか定まらいし、でも思うように
行かないからには探し続けるしかないし。コロコロ変えずに今のままで
暫くやってみるべきなんだろうかとか、迷う時もあります。ただ出来ない
だけなのか、方法論が違うのかの判断は非常に難しい。。。

しかしまあ、やりたいならやってしまえ、と。そのために費やされた時間
というのは決して無駄ではなく、自分の中に蓄積されていて。

そして上に書いたような、ヒントを得るとかのキッカケによって一気に筋が
通る、みたいな事なります。ならないときもあります。

でもヒントが来るタイミングは自分じゃ分からないし、積み上げる時間が
長くなればなるほど不安になりますよね。そこはもう、信用出来るのは
自分しかいないんですけどね。

あるヒントによって積み上げたものを、別のヒントで解決する。複雑に
絡み合っている。。。なんだか美しい。。。
しかもそれらはどこに潜んでいるか分からない。。。。

こりゃあもう、センサーを感度120%にするしかないですよね。
そしたらもう、毎日が刺激的ですねえ。。。
[PR]

by shiomegane0629 | 2010-01-26 23:15 | 日記

めでたい!

昨日は父方の従兄弟の結婚式に出席してきました。

同い年で同じ市内に住んでいたので小さい頃よく
遊んだりしました。なので式中に流れる映像に僕も
何度か出てきました(笑)。

結婚式というのはやはり感動的です。。。
花嫁をエスコートした後の父親の背中とか、ちょっと
グッと来ました。年輪というヤツでしょうか。ちょっとや
そっとじゃあの背中は出来ないなあと思ってしまい
ました。

料理もメチャ美味しくて、食わず嫌いがいくつか解消
されたりなんかして。

良い結婚式でした。


その後はその足でブルーノートへ。メチャ近かったのです。

キューバのピアニスト、ロベルト・フォンセカのライブでした。
オマールソーサと並んで好きなピアニストの一人です。
ついでに新譜もゲット。

良い結婚式に良いライブ。

良い一日でした。
[PR]

by shiomegane0629 | 2010-01-26 01:07 | 日記

レパートリー

昨日は、とあるレストランで営業の仕事。日本企業が外国人のお客さんを
もてなす会の一環ということでした。

こういう時いつも思います。英語が話せたらな、、、と。

そして、スペイン語を話す人口の多さは世界3位なんだよな、と。

こういう仕事の時は演奏内容も次々変化したりして、柔軟性が求められ
ますが、ご一緒したMasayoさん、斎藤崇也さんはその辺流石でした。
柔軟性抜群。

さらに、色々な曲を知っている事の重要性も痛感しました。多少特殊な需要
があったりしても、それに応えられるとその後の反応がかなり違う。。。

百戦錬磨とは正にこの事です。経験とは何事にも替え難いものですね。

おれもがんばらなくては。
[PR]

by shiomegane0629 | 2010-01-21 09:45 | Live Report

色気。。。

今日音楽系の雑誌を読んでいたら、「倍音は色気だ」
という一言を見つけまして。

こんな気の利いた言葉は自分の中には存在しません
でしたが、最近お気に入りでヘビーローテーションしている
音ネタが、考えてみると「倍音は色気だ」に当てはまる気がして。
いたく共感してしまったわけです。

今まではストレートな音をひたすら追い求めていた気が
しますが、色々含みのある音も良いな、なんて思ってきた
今日この頃です(037.gif)。

「大人の味」ならぬ、「大人の音」かな!?
[PR]

by shiomegane0629 | 2010-01-13 23:43 | 日記

明けましておめでとうございます。

平成22年、寅年のスタートですね。
本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年頭に立てた目標はとりあえず
目処がたった程度だったので、あまり
代わり映えしませんが引き続き
こんな感じにしました。

「平成22年版・新しい自分の発見」

です。

このネタって一生モノな気もしなくも
ないですが、これを意識し始めたことに
よって結果的に「自分と、様々な物事との対峙」
という図式が生まれ、そしてそれが自分に
前向きな何かをもたらした気がするので、試しに
もうしばらく追い続けてみようと思います。
それは自分に結構欠乏している要素だと
思うので。。。

そして昨年は作曲することの面白み
みたいなものがちょびっとだけ分かった
気がするので、これも続けて追いかけて
みようと思います。

さて、新年一発目のライブ情報をば。

新春latin jazz session @草加Sugar Hill

◇perc/石川 雅康
◇perc/塩のやもとひろ
◇perc/見谷 聡一
◇steelpan/伊沢 陽一
◇p/野口 茜
◇b/石井 圭
◇tb/前田大輔
●music charge 1set¥1,000
●1st 20:00~/2nd 21:30~

以前からお世話になりっぱなしの大先輩、石川雅康氏の
セッションに呼んでいただきました。見て下さい、この豪華な
編成。楽しみです。

みなさまもぜひ~!
[PR]

by shiomegane0629 | 2010-01-03 01:42 | 日記